sponsored link

HIV検査は自分の意思で受けるべき


HIV検査を受ける機会というのはそうそうありません。
今までに、HIV検査を受けたことがある、
という人はかなり少ないのではないでしょうか。

2013-07-18_015257

妊娠健診

HIV検査を受ける機会としては、女性であれば妊婦健診があります。
母親がHIVに感染している場合は「母子感染」を起こす可能性が高いのですが、
適切な処置をすれば子どもへ感染する確率を減らすことができます。
ですから、妊娠が分かったら必ずHIV検査をおこなうことになっているわけです。

性感染症

妊婦健診以外では、性感染症に感染したときにもHIV検査をすることが多いと思います。
妊婦健診と違って必ず受けなければいけないわけではありませんが、
性感染症に感染した場合はHIVにも感染している可能性があるので、
医師からHIV検査を受けるよう勧められるケースは多いです。

自分の意思で・・・

こうした成り行きによってHIV検査をするよりも、
自らの意志で検査を受けた方が良いとは思いませんか?

というのも、こうしたきっかけがあるまで検査をしないというのは、
かなりリスクが高いことだからです。

妊娠や性感染症がなければ、ずっとHIV検査をすることもなく生きていくということですよね。
万が一HIVに感染してしまっていれば、ある日急にエイズを発症する可能性もあります。

HIVは感染が分かっていれば適切な治療を受けることによってエイズ発症を防ぐことができるのに、
自分がHIVに感染していることを知らなければ治療も受けられないので、
当然いつかはエイズを発症してしまします。

また、自分がHIVキャリアであることを知らなければ、
知らず知らずのうちに他の人にも感染を広げていることもあります。

日本ではHIV感染者が増え続けていますが、
それは、自分がHIVキャリアだということを知らないままに感染を広げている、
ということがあるのは間違いありません。

HIV検査は、自分で、自発的に受けるのがおすすめです。
自分の意思で検査を受けるのであればある程度事前にHIVのことを調べたりして
覚悟を決めておくこともできますが、成り行きで検査を受けることになった場合、
万が一陽性の結果が出てしまったら相当なショックを受けると思います。

そうならないように、気になったらすぐに検査を受けるようにしておきましょう。
もちろん、万が一感染していれば治療を早く受けなくてはいけません。

感染を広げないように配慮する必要もあるので、
そのためにも先延ばしにせずに、早くに検査を受けてくださいね。


にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村
HIVへ関心を持ち感染拡大を抑え、悲しむ人を一人でも減らしたいと考えています。
応援クリックお願いします(*^_^*)

実際に検査してみました>>写真有り<<

セルシーフィット口コミHIV性病検査キットはセルシーフィットをおすすめしています。私も公式サイトから購入しました。 セルシーフィットの口コミや評判を実際に通販で購入して体験談レビューしています。

おすすめ


2013-06-14_004354【GME医学検査研究所】
業界初の検査項目12項目
価格・検査精度・個人情報全てにおいて圧倒的な魅力♪GME医学検査研究所では医療機関、メーカー、群馬大学と共同研究開発、業界初の検査方法を確立しています。提携検査センター⇒GME医学検査研究所・群馬県登録衛生検査所【登録番号第47号】

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.