sponsored link

HIV検査、どうしても3か月待たなくてはダメ?


HIVに感染しているかもしれない……。
そう思ったとき、すぐにでも検査をして結果を知りたいものです。

2013-07-17_200537

HIVに感染しているのかどうかが分からないあいだは恐怖感ばかりがつのりますし、
そのために仕事も手につかず、人間関係も上手くいかなくなってしまいます。
日常生活に支障をきたしてしまうので、検査結果はなるべく早くに知りたいですよね。

数ヶ月あける

でも、HIV検査をする場合は感染した可能性がある日から
「3か月以上」あけなければならないとされています。

もし、HIVに感染したかもしれない、ということに気づいたのが、
心当たりのある日から3か月以上経ってからであれば、すぐに検査を受けに行けます。

そのときはなんとも思っていなくても、
しばらくしてから風邪のような症状が続いたりした場合、
急に「HIVに感染したかもしれない」と不安になることもあります。
(HIVに感染すると、初期症状として風邪のような症状が現れることがあります)

一方、心当たりのある日からすぐに「HIVに感染したかもしれない」
という不安に襲われることもあります。

そのときは勢いで性行為をしてしまったけれど、
避妊もせずに知らない人と行為をしてしまった、
というような場合は冷静になってみると急に不安が広がります。

基本的には、HIV検査ができるのは心当たりのある日から3か月後からです。
ただ、保健所によっては「2か月後以降」としているところもあるので、
急いでいるなら早くから検査可能な保健所を調べてみても良いかもしれません。

HIV検査では、HIVに感染したことによってつくられる「抗体」の有無を調べますが、
抗体は感染後4週間後以降から作られるものなので、
それまでに検査したとしても正しい結果は分かりません。

どうしても待てない・・・

でも3か月待たなくても、1か月以上経っていれば検査ができないわけではありません。
もし1か月後に検査をして陽性であればそれはHIVに感染しているということです。

そして、もし陰性だった場合は、その後3か月後にももう一度検査を受けた方が良いでしょう。

それから、NAT検査(核酸増幅検査)と言って、
心当たりのある日から2週間程度でできる検査もあります。
心当たりのある日から12日目以降であれば検査可能です。

ただしこの検査は実施している機関がかなり少ないため一般的ではありません。
また、HIV-2型は含まれないなどのデメリットもあるので、
結局は抗体検査が必要になります。

ですからやはり、HIV検査は3か月待ってから、
というのが基本だと思っておいた方が良いのではないでしょうか。


にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村
HIVへ関心を持ち感染拡大を抑え、悲しむ人を一人でも減らしたいと考えています。
応援クリックお願いします(*^_^*)

実際に検査してみました>>写真有り<<

セルシーフィット口コミHIV性病検査キットはセルシーフィットをおすすめしています。私も公式サイトから購入しました。 セルシーフィットの口コミや評判を実際に通販で購入して体験談レビューしています。

おすすめ


2013-06-14_004354【GME医学検査研究所】
業界初の検査項目12項目
価格・検査精度・個人情報全てにおいて圧倒的な魅力♪GME医学検査研究所では医療機関、メーカー、群馬大学と共同研究開発、業界初の検査方法を確立しています。提携検査センター⇒GME医学検査研究所・群馬県登録衛生検査所【登録番号第47号】

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.