sponsored link

性交渉によるHIV感染の予防法


HIVの感染経路は、主に3つです。

  • 血液感染
  • 母子感染
  • 性的接触

血液感染とは日本では主にクスリの回し打ちなどが原因です。
母子感染とは、HIVに感染している母親から子どもに感染させることです。

一般的な人は、親がHIV感染者でない限りは、
上記の2つの感染経路はあまり縁がないと言えるでしょう。
ですから、気を付けなければならないのは「性的接触」による感染です。

性的接触とは?

性的接触とは、挿入だけではありません。
オーラルセックスやアナルセックスによっても感染するものですから、
正しい知識を持ってしっかり予防していきましょう。

性交渉によるHIV感染を予防するには、
「セーファーセックス」の徹底が必要になります。

セーファーセックスとは「セーフセックス」とも呼ばれ、
HIVやその他の性感染症を予防しながらおこなうセックスのことです。

予防策は??

そのため、まずはコンドームの使用は絶対です。
最近は50代のHIV感染者も増えていますが、
これは妊娠の可能性が無いからと言ってコンドームを使用せずに性交渉をしているのが原因ではないかと考えられます。

さらに、オーラルセックスなどの場合でも、
直接性器に触れることがないようにしなければなりません。

たとえばクンニリングスの際には食品用ラップフィルムを使う、
などと言った対処法があります。

特に傷がある場合は細心の注意を払う必要がありますが、
口腔内や性器内の傷については分かりにくいので注意が必要です。

ちなみに、キスではHIVはうつりませんが、ディープキスだと話は別です。
ディープキスでも感染する確率としては低いですが、
実際にそれで感染した人もいるので、十分に気を付ける必要があります。

そしてもっとも大切なのは、不特定多数の人との性交渉をしないということ、
それからパートナーが変わる時には1~3か月は性交渉は控え
関係を持つ前に検査をしておく、ということです。

HIVに感染しても、すぐに自覚症状が出るわけではありませんし、
検査をしても陽性反応は出ません。

その間に次のパートナーと関係を持ってしまえば新しいパートナーにも感染させてしまうかもしれませんよね。

後悔しない為に・・・

「自分は大丈夫だろう」と安易に考えている人は非常に多いものですが、
HIVに感染した人はみんな「セーファーセックスをするべきだった」と後悔します。

まさか自分が感染するとは思っていないのです。
みんな、自分は大丈夫だと思いながらHIVに感染しています。
自分だけは大丈夫という思い込みは捨てて、きちんとHIV感染を予防していきましょう。

実際に検査してみました>>写真有り<<

セルシーフィット口コミHIV性病検査キットはセルシーフィットをおすすめしています。私も公式サイトから購入しました。 セルシーフィットの口コミや評判を実際に通販で購入して体験談レビューしています。

おすすめ


2013-06-14_004354【GME医学検査研究所】
業界初の検査項目12項目
価格・検査精度・個人情報全てにおいて圧倒的な魅力♪GME医学検査研究所では医療機関、メーカー、群馬大学と共同研究開発、業界初の検査方法を確立しています。提携検査センター⇒GME医学検査研究所・群馬県登録衛生検査所【登録番号第47号】

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.