sponsored link

HIVに感染したら仕事は続けられない?


HIVに感染しているのではないか、と不安に思っても、すぐに検査しようとしない人は多いです。
やはり、もしHIVに感染していたら、と思うと怖いんですよね。

でも、もし感染していなければ安心できますし、
万が一感染していたとしても、
早めに検査しておかないとさらに他の人に感染させてしまったり、
自分自身の治療も遅れてしまいます。

6726402

HIV検査は早くした方が良いのです。
(HIV検査をする場合は感染の可能性がある日から1~3か月間の期間は必要になります)

仕事は続けられるのか??

HIVに感染した場合のことを考えると不安になってしまうものですが、
その中でも、仕事が続けられるのか?という問題は大きいですよね。

生活費は必要ですし、治療費も必要です。HIV感染者にはさまざまな支援制度はありますが、
仕事を続けられないとなると困ってしまいます。
でも安心してください。仕事は続けられます。

HIVは、インフルエンザウイルスのようなものではありません。
インフルエンザの場合は仕事を休んでもらわないとどんどん他の人にうつしてしまうものですが、
HIVの場合は非常に弱いウイルスなので、空気感染や接触感染はありません。
風俗業などであればもちろんNGですが、
一般的な仕事に関してはほとんど問題なく続けられると言っても良いでしょう。

ただ、残念ながら、今でもHIV・エイズに関する差別はあります。
日本で初めてエイズ患者が確認されてから30年近く経ち、
その間に治療法が開発されたりさまざまな啓蒙活動がおこなわれてはいますが、
それでもエイズに関する間違った知識を持っている人はたくさんいます。

それこそ、キスや握手でも感染すると勘違いしている人が以外にもとても多いのです。

ですから、もしHIVに感染していることが分かったら、仕事を解雇される可能性もあります。
HIV感染を理由に解雇するのは違法なのですが、実際にはそのような事例はたくさん起きています。

性行為以外で、日常生活の中でHIVに感染するとしたら、
HIV感染者が流血するようなケガをしたときに、
同じく流血するようなケガをしている人が看護して傷口同士をこすり合わせる、
ぐらいのことをしなければまず感染しません。
(実際には日常生活の中でそんなことはまずありませんよね)

告知の義務はないけど・・・

HIVに感染しても、仕事はできます。
もっと言えば、告知する義務もありません。

一応、HIV患者の場合は血が止まりにくいことがあるので
職場には知らせておいた方が安心ではありますが、
無理に伝える必要はないのです。

HIVに感染していても普通に働いている人はたくさんいますし、
他の人と変わらない日常生活を送っています。

でも、他の人と同じように仕事をするには治療を受ける必要はあります。
もし、HIVに感染している可能性があるなら、
早めに検査をして、万が一HIVに感染していた場合は適切な治療を受けて日常生活を送れるようにしたいものですね。


にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村
HIVへ関心を持ち感染拡大を抑え、悲しむ人を一人でも減らしたいと考えています。
応援クリックお願いします(*^_^*)

実際に検査してみました>>写真有り<<

セルシーフィット口コミHIV性病検査キットはセルシーフィットをおすすめしています。私も公式サイトから購入しました。 セルシーフィットの口コミや評判を実際に通販で購入して体験談レビューしています。

おすすめ


2013-06-14_004354【GME医学検査研究所】
業界初の検査項目12項目
価格・検査精度・個人情報全てにおいて圧倒的な魅力♪GME医学検査研究所では医療機関、メーカー、群馬大学と共同研究開発、業界初の検査方法を確立しています。提携検査センター⇒GME医学検査研究所・群馬県登録衛生検査所【登録番号第47号】

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.