sponsored link

子宮頸がんの症状と痛みは??


子宮頸がんとは子宮がんの一種で、最近は20~30代の女性の発症が増えています。
ガンというとがん細胞が体内に繁殖するものですが、
子宮頸がんの場合、原因が特定されており予防が可能なガンだとされています。

子宮頸がんの原因は??

子宮頸がんの原因となるのが、HPV、ヒトパピローマウイルスです。
HPVと一般的に呼ばれるウイルスですが、
ヒトパピローマウイルスには100以上の種類があります。
その中の一部は子宮頸がんを発症させることが分かっています。
そのため、HPVの感染を防ぐことができれば子宮頸がんを防ぐこともできるのです。

 

実際、日本では子宮頸がんを予防するための予防接種がおこなわれています。
大人の場合は希望すれば婦人科などで接種できますが、
中学生から高校生の女子を対象に、無料でワクチン接種がおこなわれています。

 

ただ、このワクチンは副作用が大きく
重篤な副作用がでるケースも頻発していることから賛否が分かれています。
接種する際には十分に注意が必要です。

本当に誰にでも可能性があるのです

子宮頸がんを引き起こすHPVは、
一度でも性行為をおこなったことがある人なら誰にでも感染の可能性はあります。
自覚症状が無いために気づきにくく、
そのまま気づかずにいると子宮頸がんを発症することもあるので、
積極的に検査を受けましょう。

 

子宮頸がんに関しては各自治体でも検査費用の助成をおこなっているので
無料もしくは格安で検査を受けることができます。

 

ただ、子宮がん検診では他の性感染症の有無については分からないので、
せっかく調べるなら他の性感染症についてもまとめて調べておくことをお勧めします。

乳がんの次に多いですよ

では、子宮頸がんはどのような病気なのでしょうか?
子宮頸がんとは、子宮の入り口にできるガンで、
20~30代では、ガンのうちもっとも罹患する人が多いガンとなっています。
女性全体でも、乳がんに次いで2位という、とても多くの人が罹患するガンです。

 

ガンというと「ガン家系」という言葉もあるように、
身内にガンの人がいる場合はかかりやすい、と言われますが、
子宮頸がんの場合は女性であればすべての人にその可能性があります。

 

子宮頸がんはHPVというウイルスが原因になっているわけですから、
性行為を一度でもしたことがあればHPVに感染している可能性があり、
そして、HPVに感染しているということは、
子宮頸がんを発症するリスクを抱えているということです。

ちなみにですが・・・

ちなみに、HPVを保有しているからと言って、
すべての人が子宮頸がんになるわけではありません。

 

HPVは通常は免疫によって排除されるのですが、
免疫力が下がっていたり、
HPVの種類によっては排除しきれずに体内で長期間保有することになってしまいます。

 

ですから、HPVに感染=子宮頸がんではありません。
でも、自覚症状がないために気づくのが遅れることが多いので、
定期的に検査を受けることが大切だと言えます。


にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村
HIVへ関心を持ち感染拡大を抑え、悲しむ人を一人でも減らしたいと考えています。
応援クリックお願いします(*^_^*)

実際に検査してみました>>写真有り<<

セルシーフィット口コミHIV性病検査キットはセルシーフィットをおすすめしています。私も公式サイトから購入しました。 セルシーフィットの口コミや評判を実際に通販で購入して体験談レビューしています。

おすすめ


2013-06-14_004354【GME医学検査研究所】
業界初の検査項目12項目
価格・検査精度・個人情報全てにおいて圧倒的な魅力♪GME医学検査研究所では医療機関、メーカー、群馬大学と共同研究開発、業界初の検査方法を確立しています。提携検査センター⇒GME医学検査研究所・群馬県登録衛生検査所【登録番号第47号】

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.