sponsored link

エイズはもともとどこで発生したのか?


エイズという病気は、いつ、どこで発生したのでしょうか。
エイズを発症させるウイルスであるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)は、
カルメーンのチンパンジーから発生したと考えられていて、
それが人に感染し、全世界に感染が拡大していった
という見方が一般的になっています。

WS000003

最近の研究では、1930年ごろにチンパンジーがサルを食べ
HIVの元であるSIV(サル免疫不全ウイルス)という、
シロエリマンガベイ・オオハナジログエノンというサルのウイルスが混ざったものに感染し、
そのチンパンジーの肉を人が食べ、そこから広まったという報告があります。

大きな勘違い(笑)
性欲を抑えることができなくて、
どっかの国の男性が動物とSEXしてエイズが発生したと勘違いしていました(笑)
きっと同じように勘違いしている人も多いはず・・・・私だけかぁ

 

この研究報告で、ポリオワクチン説という、
HIVのチンパンジーの細胞を使用して作られたというポリオワクチンというものが原因であるという説の誤りを明確にしたと、
イギリスのノッティンガム大学遺伝学研究所のポール・M・シャープ教授は語っています。

 

チンパンジーと人の遺伝子は98%同じですが、
チンパンジーがSIVに感染してもエイズは発病していないのです。

 

これがHIVのワクチンを作る際のキーポイントとなると研究チームは考えています。
チンパンジーがエイズにかからない理由がわかれば、人もエイズにかからないようにするワクチンが開発できるというわけです。

 

初の認定は?

エイズであるとはっきりと認定した初の症状の報告は、
1981年、アメリカ合衆国のロサンゼルスの同性愛者の男性の発見が初めてとされています。

 

ただしエイズのような症状は1950年代から見られていて、
そのころはエイズと呼ばれずに「やせ病」症候群としてアフリカ中部の各地で見られています。

 

初めてエイズという病気が認定された1981年以降の10年間で、感染した人は世界で100万人にも上っています。

 

エイズという病気が広く認識されだしたころ、原因がわからずに死ぬという不安や、感染した人が同性愛者・麻薬をするものが多かったために、
エイズにかかった者に社会的な偏見がされていた事例がありました。

 

今ではエイズの原因であるHIVが認められ、異性の間でも性行為でエイズが感染することや、
出産するときに母から子へ感染することもあることが知られてきて、
世界でも一般的な問題と認知されるようになりました。

日本だけが増加している
先進国の中で日本だけがHIV感染者が増えています。
1日に4人の人がHIVに感染しています。
あなたは大丈夫と言い切れますか?

実際に検査してみました>>写真有り<<

セルシーフィット口コミHIV性病検査キットはセルシーフィットをおすすめしています。私も公式サイトから購入しました。 セルシーフィットの口コミや評判を実際に通販で購入して体験談レビューしています。

おすすめ


2013-06-14_004354【GME医学検査研究所】
業界初の検査項目12項目
価格・検査精度・個人情報全てにおいて圧倒的な魅力♪GME医学検査研究所では医療機関、メーカー、群馬大学と共同研究開発、業界初の検査方法を確立しています。提携検査センター⇒GME医学検査研究所・群馬県登録衛生検査所【登録番号第47号】

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.