sponsored link

カンジダの症状は?自然治癒するの??


カンジダは性感染症の一つで、カンジダ菌という真菌によって引き起こされる病気です。

ただ、カンジダは性感染症ではあるものの、性行為がなくても引き起こされる病気なので注意が必要です。

2013-06-14_230737

カンジダ菌自体は、性行為をしたことが無い人であっても保有していることは珍しくありません。
体内や肌の表面などに普通に存在しているいわゆる「常在菌」で、
普段は菌がいても免疫によって増殖が抑えられているので問題ない菌なのです。

 

どのように引き起こされるの?

カンジダ症はどのように引き起こされるのでしょうか。

 

カンジダ症には膣カンジダ口腔カンジダの2種類がありますが、
どちらも普段からカンジダ菌は存在しています。

 

それが、免疫力が落ちているときにかゆみや湿疹を発症するのがカンジダ症です。
たとえば、疲労やストレスが代表的ですね。
疲れが溜まっているときには風邪をひきやすいと思います。

 

また、同じように人混みに行っても風邪をひかない丈夫な人もいれば、
すぐに風邪を引いてしまう病弱な人もいますよね。

 

カンジダも、疲労やストレスが溜まっているときに発症しやすくなりますし、
口腔カンジダは高齢者や乳幼児のような免疫力の低い年齢の人がかかりやすい傾向があります。

 

女性から男性に感染しない?

性行為によって感染する場合は、女性から男性に感染することはほとんどありません。
男性から女性へは感染しやすくなっています。

 

男性の場合は性器が露出しているのに対して、
女性の場合は膣内にカンジダ菌が入ると繁殖しやすいからです。

 

膣カンジダの場合は白っぽく塊状のおりものが出るのが特徴で、強いかゆみをともないます。
男性の場合は症状が出ない人が多いのですが、

 

包茎の場合は若干発症率が上がると言われています。
男性の場合は亀頭が腫れたり膿のようなものが出ることもあります。

 

カンジダ症の場合はクラミジアや淋病とは違って症状が出やすいので、
早めに治療を開始しやすい病気です。

 

特にかゆみはガマンしづらいものですから、症状がある場合はすぐに検査をしましょう。

 

治療は、膣坐薬や塗り薬を使うのが一般的です。
膣洗浄もしますが、頻繁に洗浄していると膣内の善玉菌まで流してしまい自浄作用も失われてしまうので気を付けましょう。

 

再発しやすい
カンジダ症は再発しやすい病気です。
カンジダ菌自体は皮膚などに常在しているので、
体調を崩したときなどに再発しやすいのです。

 

カンジダを繰り返す女性は多いですが、塗り薬などの対症療法だけでなく、
食生活を正したりストレス解消に努めるなど、免疫力を高めるように努力することも大切です。

 

生活習慣に気を付けて免疫力を高めればカンジダ症も発症しにくくなりますから、
カンジダを繰り返しやすい人は気を付けてみてくださいね。

にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

HIVへ関心を持ち感染拡大を抑え、悲しむ人を一人でも減らしたいと考えています。
応援クリックお願いします<m(__)m>

実際に検査してみました>>写真有り<<

セルシーフィット口コミHIV性病検査キットはセルシーフィットをおすすめしています。私も公式サイトから購入しました。 セルシーフィットの口コミや評判を実際に通販で購入して体験談レビューしています。

おすすめ


2013-06-14_004354【GME医学検査研究所】
業界初の検査項目12項目
価格・検査精度・個人情報全てにおいて圧倒的な魅力♪GME医学検査研究所では医療機関、メーカー、群馬大学と共同研究開発、業界初の検査方法を確立しています。提携検査センター⇒GME医学検査研究所・群馬県登録衛生検査所【登録番号第47号】

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.