sponsored link

猫エイズは人間に感染するのか?


猫エイズ、という病気があります。
その名の通り、猫が感染するエイズです。

結論から言えば、猫エイズは人間には感染しません。

2013-06-14_000843

猫エイズとは?

まず猫エイズというのは、

feline immunodeficiency virus
ネコ免疫不全ウイルス
というウイルスが原因です。

 

頭文字をとって、「FIV」と呼ばれます。
FIVは人間には感染しません。
人間に感染するのはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)でしたよね。

 

ただ、猫エイズは当然他の猫には感染します。
感染経路は人間と同じで性行為や血液感染、母子感染です。
猫の場合は、ケンカをして出血することもありそれが原因で感染することも多くなっています。

3つの段階

 

猫エイズも人間のHIVと同じように、3つの段階があります。

急性感染期

この時期には風邪のような症状があらわれることがあります。
その後しばらくすると症状は落ち着き、無症候期へと移行します。

無症候期

無症候期は、特に症状のない状態です。
無症候期のまま一生を過ごす猫もいますし、普通に生活することができます。

発症

その後、発症します。
発症期には口内炎がよく見られ、エサを食べやすいように工夫するなどして対処します。
発症後、免疫力が下がっていき日和見感染などを起こし、最終的には死に至ります。

 

もし猫を複数飼っている場合は、他の猫にうつらないようにすることが重要です。
と言っても人間のHIVと同じように、同じ皿でエサを食べるとか、なめ合う程度では感染しません。

性行為と激しいケンカにだけ注意していれば、他の猫と一緒に飼うことができます。
ただ外では目が行き届かず危険なので、室内で飼うようにしましょう。

 

また残念ながら、猫エイズの治療法は確立されていません。
エイズを発症すれば症状に応じた対症療法をしていくのが現状です。

 

猫エイズの場合もHIVと同じように潜伏期間があり、
発症しないまま一生を終える猫もいますから、安易に捨てたりしないようにしましょう。
人間に感染することはありませんから、大事に飼ってあげてくださいね。

 

猫エイズを防ぐためには、不妊・去勢手術をすること、
そして、ケンカをさせないようにすることが重要です。

 

特にオス猫はケンカで出血して感染することが多いと言われています。
室内で飼うようにすればほぼ確実に感染を防ぐことができるので、
猫を飼っている人は検討してみてくださいね。

 

猫エイズは人間の飼い方次第で防げるものなので、
猫を飼っている人は気を付けてあげましょう。

検索キーワードであったのでwww
需要無いかなぁと思いましたが、
検索キーワードを見てみると、
「猫 エイズ 人 感染」とありましたwww

気になる人もいらっしゃるのかなぁと思って記事にしてみましたwww

にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

HIVへ関心を持ち感染拡大を抑え、悲しむ人を一人でも減らしたいと考えています。
応援クリックお願いします<m(__)m>

実際に検査してみました>>写真有り<<

セルシーフィット口コミHIV性病検査キットはセルシーフィットをおすすめしています。私も公式サイトから購入しました。 セルシーフィットの口コミや評判を実際に通販で購入して体験談レビューしています。

おすすめ


2013-06-14_004354【GME医学検査研究所】
業界初の検査項目12項目
価格・検査精度・個人情報全てにおいて圧倒的な魅力♪GME医学検査研究所では医療機関、メーカー、群馬大学と共同研究開発、業界初の検査方法を確立しています。提携検査センター⇒GME医学検査研究所・群馬県登録衛生検査所【登録番号第47号】

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

  • 人間に感染するウイルスだったら怖いですね。笑

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.