sponsored link

淋病の症状や潜伏期間は?


淋病(りんびょう)とは、クラミジアと同じぐらい、ポピュラーな性感染症です。
淋菌という菌に感染することで発症するもので、
性行為における感染率が30%と非常に高いのが特徴的です。

男性の症状

淋病の症状は、男性の場合は膿が出たり、排尿時、勃起時に痛みをともなうことがあります。
数時間から数日で症状が現れますが、1か月ほど経ってから症状が現れる場合もあります。
また、症状が出ない人もいます。

 

女性の症状

女性の場合は男性のように症状が出ることがありません。
おりものが増えたりニオイがきつくなったりすることはありますが、
特に症状の無いまま淋病に感染していることに気づかないケースが多々あります。

淋病はクラミジアと併発しているケースも多いのですが、
クラミジアも淋病も自覚症状の少ない病気なので、見過ごしてしまうことが多くなっています。

 

男性が多い、でも実は・・・

感染者は、女性よりも男性の方が圧倒的に多くなっています。
これは、男性の方が風俗などでうつされやすい、とする意見もありますが、
実際にはそこまで感染者の数に大差はないとも言われています。

 

女性は自覚症状が無いために放置している人も多く、
データとしては男性の方が多く見えてしまっているというわけです。

感染経路は?

淋病の感染経路は、性行為です。
ごくまれに性行為以外でも感染するとも言われていますが、
基本的にはあり得ません。

 

温泉などで感染する可能性はゼロではありませんが、
たとえば淋病の人が使った風呂椅子をお湯で流しもせずにそのまますぐに使ったというような
ケースでも可能性は低いと思います。

 

基本的には性行為で感染するものだと思っておきましょう。

治療方法は?

治療は、服薬を数日~数週間続けることです。
また、治療をする際には必ずパートナーと一緒に治療を受けることが大切です。
パートナーに内緒で一人で治療しても結局セックスをすればまた感染します。
できれば検査も一緒に受けた方が良いでしょう。

 

服薬は医師の指示通りに続けることが重要です。
症状が落ち着いたからと言って服薬をやめると、
まだ菌が残っていて再発してしまいます。

 

また、薬に対して耐性を持ってしまい、
薬が効かなくなってしまうおそれもあるので、
必ず淋菌が消滅したことが確認できるまでは服薬を続けてくださいね。

女性は注意
淋病は女性の場合は気づきにくいものですが、
おりものの色や量に変化があった場合は何かしらの性感染症の疑いもあるので、
普段から自分のおりものの様子を確認しておくと良いでしょう。

にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

HIVへ関心を持ち感染拡大を抑え、悲しむ人を一人でも減らしたいと考えています。
応援クリックお願いします

実際に検査してみました>>写真有り<<

セルシーフィット口コミHIV性病検査キットはセルシーフィットをおすすめしています。私も公式サイトから購入しました。 セルシーフィットの口コミや評判を実際に通販で購入して体験談レビューしています。

おすすめ


2013-06-14_004354【GME医学検査研究所】
業界初の検査項目12項目
価格・検査精度・個人情報全てにおいて圧倒的な魅力♪GME医学検査研究所では医療機関、メーカー、群馬大学と共同研究開発、業界初の検査方法を確立しています。提携検査センター⇒GME医学検査研究所・群馬県登録衛生検査所【登録番号第47号】

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.