sponsored link

エイズが発症するとどうなる?


エイズは、ウイルスに感染してから発症するまでが非常に長い病気です。
エイズはHIVというウイルスに感染することによって発症しますが、
発症するまでの期間はだいたい5~10年程度だと言われています。

WS000002

エイズを発症するまでにはほとんど無症状で過ごすことができ、
日常生活には支障がありません。

 

そして5~10年経ってから、ようやくエイズを発症します。
ただ、現在は治療を受ければ発症するまでの期間を延ばしたり、

発症しないまま一生を終えることも可能になっています。

 

では、もしエイズを発症してしまったら、
どのような症状があらわれるのでしょうか?
ここでは、知っていそうで知らない、エイズの症状について紹介しましょう。

エイズ発症と症状

まずエイズの発症というのは、
エイズ指標疾患23種類のうち1つを発症した時点のことを言います。

 

エイズ指標疾患というのは
カンジダ症、クリプトコッカス症、ニューモシスチス肺炎、コクシジオイデス症など23種類あり、
厚生労働省が定めています。これらのうち一つ該当すればエイズ患者になるわけですが、それ以外にも症状はあります。

 

まず、体が痩せることです。
まだエイズという病気が発見されていなかった昔は、
エイズは急激にやせ細ってしまう奇病として扱われていました。

 

他にも頭痛がひどくなる、寝汗をかくようになる、
リンパ節が腫れるなどの症状があらわれはじめます。

 

エイズというのは「免疫不全」になる病気です。
つまり、普通の人なら発症しないようなささいな病気が、
エイズ患者には命取りになってしまうのです。

 

たとえばカンジダ症を例に挙げましょう。
カンジダ菌というのは「性病」だと思ってる人も多いと思いますが
カンジダ菌を保有している人は珍しくありません。

 

さまざまな雑菌と一緒に、皮膚にくっついていることもあるのです。
でも、みんながみんなカンジダ症になるわけではありません。

 

膣カンジダになる人も、普段は何ともないのに体調を崩したりストレスが溜まっている時に限って発症することが多いものなんです。

 

カンジダ症はエイズ指標疾患の一つとしても定められていますが、
健康であれば発症せず、免疫力が低下すると発症する典型的な病気だと言えるでしょう。

 

エイズの場合は、もっと弱い菌やウイルス、
つまり、少し体調を崩した程度では発症しないような病気でも、
簡単に発症してしまいます。

死んでしまうのか?

そして、エイズ発症後2年前後で死亡すると言われています。
もちろんそれは何も治療をしなかった場合のことで、
現在は治療法が存在しているので完治はできないものの症状を抑えたり、
発症しないようにすることは可能です。

 

エイズは怖い病気ではありますが、
HIVに感染したからと言って必ずエイズで死亡するとは限らない時代になりました。

 

もし、HIVに感染してしまった場合でも、
早期発見ができれば適切な治療を受けることで発症を防ぐことはできます。

へ~と思った人?!
検索ワードを見ていると、
本当に色々な人に見て頂いているなぁと感謝の気持ちでいっぱいです。

今回の記事を読んで「へ~」と思った人もいらっしゃることでしょう。
へ~と思って頂けたのであれば、HIV検査をして下さい。
押し売りみたいになってますが、私は本気ですwww

何度もブログで言い過ぎでクドイですが、
一人ひとりの意識が変わればHIV感染拡大防止につながります。

私たちの手で明るい未来を守っていきましょう。
新しい常識をつくっていきましょう。

⇒HIV検査キットはこちらから

実際に検査してみました>>写真有り<<

セルシーフィット口コミHIV性病検査キットはセルシーフィットをおすすめしています。私も公式サイトから購入しました。 セルシーフィットの口コミや評判を実際に通販で購入して体験談レビューしています。

おすすめ


2013-06-14_004354【GME医学検査研究所】
業界初の検査項目12項目
価格・検査精度・個人情報全てにおいて圧倒的な魅力♪GME医学検査研究所では医療機関、メーカー、群馬大学と共同研究開発、業界初の検査方法を確立しています。提携検査センター⇒GME医学検査研究所・群馬県登録衛生検査所【登録番号第47号】

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.