sponsored link

誰にでも伝わるエイズについて!!


前回、「エイズとは?」という記事を書きました。
ちょっと分かりにくかなぁと思ったので、
書き直してみましたwww
過去記事⇒エイズとはいったい??

エイズとは、どういう病気なのでしょうか?
実はよく分からない、という人も多いですよね。

2013-06-07_232223

そもそもエイズとは?

エイズはAIDSのことで、

Acquired Immune Deficiency Syndrome

の頭文字をとったものです。
日本では、「後天性免疫不全症候群」と訳されています。

後天性というのは、「生まれつきではない」ということです。
生まれたあとにかかる病気、という意味になります。

免疫不全というのは、免疫が正常に働いてくれないということです。
免疫というのは体内に入ってきた敵、
つまりウイルスや菌を殺して、体を守る機能のことを言います。

「免疫不全」は、本来なら体内で殺さなければならないウイルスや菌を殺すことができないということになります。

まとめると、エイズというのは

生まれてから、ウイルスや菌を殺す機能が正常ではなくなる病気です。
では、エイズというのは何が原因になっているのでしょうか。

インフルエンザならインフルエンザウイルス、
食中毒ならサルモネラ菌などの原因菌が原因になっています。
エイズの場合は、「HIV」というウイルスが原因になっています。

HIVという言葉はエイズとセットで使われることが多いので知っている人も多いのではないでしょうか。

そもそもHIVとは?

HIVもHuman Immunodeficiency Virusの頭文字をとった略語で、
日本語では「ヒト免疫不全ウイルス」と訳されています。
この日本語訳の通り、人間の免疫を正常に働けなくさせるウイルスですね。

エイズは、このウイルスに感染することが原因になっている病気です。

日本で初めて確認されたのが・・・

エイズが初めて発見されたのは1981年のアメリカ、ロサンゼルス。
日本では1985年に初めて確認されました。

もちろんどちらも、「エイズ」とはっきり判明したのがこの時期であって、
それ以前にもエイズと見られる病状は確認されていました。

当時は同性愛男性(ゲイ)や麻薬常習者の感染者が多かったために、
エイズは偏見をもった目で見られる病気となってしまいました。

実際には、同性愛者や麻薬常習者だからかかりやすい病気というわけではありません。

エイズは性行為や注射の回し打ちなどで感染することがあるので、
このような偏見が広まったのでしょう。

エイズという病気はまだ完治することがない病気で、
しかも発症するまでに数年かかることもあるので、
正しい知識をもって予防することが大切です。

また同時に、正しい知識をもつことで偏見をなくしていくことも大切なことだと言えるでしょう。

少しは分かり易くなったかなぁ(/_;)
う~ん!!
分かりにくいとご指摘を頂いたので、出来る限り分かり易く書いてみましたww
皆様に少しでも理解していただければと想いを込めて書いています。

文章力が無い私ですが、これからも頑張って書いていきますね
(・。・;

HIVへ関心を持ち感染拡大を抑え、悲しむ人を一人でも減らしたいと考えています。
応援クリックお願いします
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

実際に検査してみました>>写真有り<<

セルシーフィット口コミHIV性病検査キットはセルシーフィットをおすすめしています。私も公式サイトから購入しました。 セルシーフィットの口コミや評判を実際に通販で購入して体験談レビューしています。

おすすめ


2013-06-14_004354【GME医学検査研究所】
業界初の検査項目12項目
価格・検査精度・個人情報全てにおいて圧倒的な魅力♪GME医学検査研究所では医療機関、メーカー、群馬大学と共同研究開発、業界初の検査方法を確立しています。提携検査センター⇒GME医学検査研究所・群馬県登録衛生検査所【登録番号第47号】

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.